わきが治療を行なうと臭いに悩まなくなる~シッカリ改善治療~

顔を触る女性

ワキガと保険診療

スプレー

ワキガと保険診療

わきが治療は、一般的に美容外科でするものと思われがちですが、実際には一般病院での治療が可能です。わきがは厚生労働省より病気と認定されているため、保険の適用が可能だからです。保険適用外の手術の場合は、少なくとも30万円程度の費用がかかりますが、保険適用の場合は、数万円程度の費用で治療が受けられます。その代わり、医師は手術の数が多くなりますし、全ての手術を満足にこなせるかは疑問が残ります。より確実に治療したいのであれば、保険適用外の専門医にお願いするのも一つの手です。またわきがの人でも、必ずしもわきが治療を行う必要はないため、ニオイの程度、悩みの程度によっては、脇の下にアプローチする以外の方法も視野に入れると良いでしょう。

ニオイと腸内環境

わきが治療を考えると手術がすぐに頭に浮かぶ人がほとんどですが、実際は手術以外にわきがに対してアプローチをかけることは可能です。その方法とは腸内環境を整えることです。腸内環境を整えることのメリットは、便秘の解消以外に、免疫力向上や、自律神経改善、内臓機能の向上、美容効果など様々です。腸内環境が悪化すると、様々な悪循環に陥ります。便秘になると、排泄物が溜まり腐敗が進むため、腸内では強い刺激臭がし始めます。そうして腸内環境が悪化すると、排泄物の毒素やニオイを中和する肝臓の機能も低下するため、ニオイが血液中に溶けだすことになります。それが全身を巡ると、体臭を強めますし、それがわきが臭と混ざることで強いニオイへと発展します。また自律神経が乱れることで、常に緊張状態に陥ると、アポクリン腺が活性化するため、本来のわきがの程度よりも、強いニオイを発すことになるのです。そのため、わきが治療には腸内環境を正常化させることも大切だといえます。