わきが治療を行なうと臭いに悩まなくなる~シッカリ改善治療~

頬を触る人

わきがにお悩みなら

施術

重度のわきが治療として、汗腺を除去する手術が一般的でしたが、最近は切らずに汗腺を破壊できるミラドライが人気です。感染症や傷跡のリスクがなく、施術時間も短いことなどが人気の理由です。半永久的な効果が得られるとされています。

View Detail

わきが解消方法

脇を見る女性

わきがと汗腺の関係

人間の体には汗を出すための汗腺が2種類ありそれぞれアポクリン腺、エクリン腺と呼ばれています。わきがはアポクリン腺から出る汗が原因です。アポクリン腺はわき毛の毛穴に沿ってあるので、わき毛が多い人はアポクリン腺も多いということになります。アポクリン腺から出る汗には、たんぱく質や脂質、アンモニア、色素など様々な成分が含まれています。この汗の成分を毛穴近くにいる細菌が分解することでわきが臭が発生します。また、わきがの人の衣服が黄色くシミになるのは汗の成分に色素が含まれているためです。わきがの臭いを消すために消臭効果があるスプレーやクリームを使う人もいますが、効果を感じないときは病院でのわきが治療が必要です。

治療の種類と違い

病院でのわきが治療は健康保険が適用される場合と自由診療になる場合があります。まず、健康保険が適用されるわきが治療は、剪除法と呼ばれる手術方法です。これは、脇をメスで切ってアポクリン腺を取り出す方法です。メスを入れるので傷跡が少し残りますが、保険の適用で治療費が5万程度で済みます。保険の適用がない場合は30〜50万円程度かかります。では、保険の適用外のわきが治療を挙げていきます。ボトックス注射は脇にボットクス液を注入して臭いを抑える方法です。1回の治療費用は3万程度ですが、効果は半年から1年程度となっているので繰り返して注射する必要があります。この他には、レーザーでアポクリン腺を焼いて破壊する方法もあります。費用は1回につき10万程度かかります。メスで切らないので傷跡も残りませんが、レーザーを当てるために治療に数回程度通院する必要があります。わきが治療は、症状の重さや傷跡に対する考え方、費用によって選択することができますので医師と相談するようにしましょう。

ワキガと保険診療

スプレー

わきがは保険適用による治療が可能ですが、保険適用の場合は、医師の技術、体力、モチベーションなどを十分に考慮する必要があります。心配な場合は、保険適用外の専門医にお願いするようにしましょう。また、わきが治療には体内からのアプローチも有効で、腸内環境の正常化をすることで、ニオイの改善が期待できます。

View Detail

わきがの治療

デオトラント

わきがの臭いが気になって、他人との接触を避けるようになってしまう人がたくさんいます。悩んでいるだけでわきがの臭いがなくなることはありませんが、医療機関を受診してわきが治療を受けるようにすれば、わきがの臭いをなくすことができます。

View Detail